FC2ブログ

パワーと走り 

乗ってみるとすごいことがわかります。
出力は336ps/6400rpm、エンジンは3216ccインタークーラー付ツインターボ、(IHI製)DOHCですから自然吸気エンジンのような澄み切った音はしませんが、アクセルを踏むと「えっ!」と最大トルク45.9kgm/4400rpmで引っ張りますから怒涛の走りです。
怖いと思ったことが何度かありました。
(1万キロ以上乗ってすっかりなれました。それがまた怖い、次の刺激を求めている)
タイヤは前が225/45ZR17で後ろが245/40ZR17、ホイールは前が8J*17、後ろが9J*17という組み合わせ、ホイルベースも2650mmですから。
よく走りますね。
4速のAT車です。
シーケンシャルシフトにまでして欲しかったのですが、あいにくそれが作られていない。
5速のMT車でもいいのですが、日本には輸入されていない。
ブレーキはもちろんディスクブレーキですが、ドリルドディスクでブレンボ製このブレーキがよく効くので安心です。
ブレーキの効きにくい某社のワンボックスで50キロからの急ブレーキを踏むくらいなら、この車で100キロからの急ブレーキのほうが安全と思えるくらいです。

0024.jpg

2004/11/25 Thu. 11:00 [edit]

Category: 未分類

TB: --  /  CM: --

top △