FC2ブログ

新しい車 

車どーらくの世界に新しい車が参加しました。
アルファロメオのマークです。
またそろそろ車で遊びましょう。

0040.jpg
スポンサーサイト



2008/08/19 Tue. 11:24 [edit]

Category: 未分類

TB: --  /  CM: --

top △

アルファロメオ159 

しばらく放置していた車の話です。
マセラッテイクアトロポルテは偶然にもデザインしたイタリアのピニンファリーナ氏がバイクの事故で亡くなった2008年8月7日に私の車庫から姿を消しました。

次に車庫に入った車はジュウジアローのデザインになるアルファロメオ159でした。
納車された日に60kmほど走ったところでエンジンの異常ランプが点灯、8日にディーラーに運ばれ点検後、9日に帰ってきましたが、原因はO2センサーの不良で修理は済みましたとの方向をもらって受け取りました。

しかし、それではと走ってたったの3kmで同じランプが再点灯、盆休みにもなるので1000km点検まで走ってそれからの修理にしましょうと言うことにして走っていたら納車から600kmぐらい走ったところでランプが消灯それ以後問題なし。

イタリア車らしいスタートとなりました。

マセラッテイのほうは6年半で約6万キロ走行、故障は次々に現れイグニッションコイルは故障のため交換、もちろんプラグも交換、ブレーキは利かなくなる。
ステアリングのロッドの動きが悪くなるなどトラブル続出で、6年ほどの間に日本製の小型車が1台買えるほど修理につぎ込みました。
(それで済んだら安上がりといわれるかもしれませんが・・・)

有名なマセラッテイのアナログ時計(86200円消費税別)も故障して交換したら広島のディーラーまで2往復(片道130km)ということでさすがに疲れました。

でもいい車でした。
自分の生涯でこの車のオーナーとして6年余り生活できたことはとても幸せでした。

そして、またしてもイタ車を選んだ性格は・・・・

さてアルファロメオ159は3.2リットルの4駆です。
トランスミッションがアイシンの6ATなので買いました。
実はミニクーパーSのトランスミッションもアイシンの6ATなのです。
このATが優秀なので買うときのポイントになったのです。
アルファロメオならフィアットのセレスピードという選択肢もあったのですが、アイシン6ATの信頼性が全てを凌駕しました。

車に乗るとシートがいいですね。
座面の前後長が長くて座り心地が抜群に良いです。

しばらくこの車で走ります。

0039.jpg

2008/08/19 Tue. 11:23 [edit]

Category: 未分類

TB: --  /  CM: --

top △